福岡「ガンプラキープ」ができるバーの正体

オーナーは根っからのジオン党

ガンプラやバーのメニュー、お客さんについて語る大佐は本当に生き生きとしている。つらいことはないのか。

経営不振で「木馬」は閉店、艦長をソロモンに配置換え

「大きな声で言えないですけど、経営不振ですね。生活的にも内装の仕事をもっとやらないと難しいよね、ということになりました。ガンダムバーというより、飲食業全体がつらいのかなと。ここ半年ぐらいが厳しいですかね。去年の年末は忘年会の予約が少なかった」

実は、大佐はもう1店舗、ガンダムバーを経営している。同区大橋にある「E.F.S.F ガンダムバー ホワイトベース」。大佐の長男、祐多さん(22)が艦長(店長)を務めていたが、こちらを2018年3月末で閉店し、4月以降は裕多さんにソロモンを主に任せる。大佐は「週末とかは出るつもりですけど、今後は内装の仕事と、五分五分かなあという感じです」と、どこか寂しそうに話してくれた。

経営不振のため、3月末で閉店した「ホワイトベース」(写真:qBiz 西日本新聞経済電子版)

ソロモンを残すか、ホワイトベースを残すか、大佐の決断の裏にはさまざまな事情があるはずだ。とはいっても、お客さんの声を受けて悩んだ大佐が「木馬」ではなくジオンサイドを選んだという事実は、ガンダムファンたちの生き様、こだわりの象徴ではないだろうか。

続く店もあれば、閉まる店もある。好景気とはいえ、厳しい飲食業界。「悲しいけどこれ、戦争なのよね」――。ソロモンに散った、スレッガー・ロウ中尉の言葉が胸に響いた。

(記者:三重野 諭)

 

qBiz 西日本新聞経済電子版の関連記事
「ガンダム接待」は実在する? 涙、涙のめぐりあい 赤く燃える小倉のマスター
ガンダムバー、魅力は巡り会い ガンプラをキープ、アムロとの出会いに号泣…
ガンダムバー、キラキラの家宝 往年の”神回”、舞い降りる剣は刻をこえて
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。