福岡「ガンプラキープ」ができるバーの正体

オーナーは根っからのジオン党

ソロモンでの戦いを再現したジオラマ(写真:qBiz 西日本新聞経済電子版)

店の奧、特等席ともいえるテーブルの隣には、ソロモンでジオンと連邦が激戦を繰り広げるジオラマがある。

ビグザムにドム、ザクと相対するジムやボール。常連客と店のスタッフが協力して作り上げ、ホビーショーに出品した。場面といい、経緯といい、バーの象徴的存在だ。

当初の店名候補は…

実はソロモンという店名は、大佐の第一希望ではなかった。子どものころ、ザクのデザインに驚いてガンダム好きが始まったという、根っからのジオン党。当初、店名に考えていたのは「ア・バオア・クー」だった。

「サーベルを飾ったりとか、シャアとアムロが戦ってるあの部屋をつくりたいとか…。でも、調べたら、聖地の名古屋にア・バオア・クー(という名のガンダムバー)があったんですよ。日本に二つあっちゃ駄目だろうという、変な使命感が湧きまして。当時、無いのはソロモンがグラナダか。ソロモンの方が皆さんよく知ってるかなと」

大佐はファースト好きだが、客はさまざま。「ガンダムの入り方として、40代の方はファースト見てました、30代の方はBB戦士からとか。女性で多いのはSEED見て、それからさかのぼったり」

来店は20〜40代がまんべんなく多いといい、2、3年前からは女性も増えたとか。「ユニコーン辺りで若い声優さんも出てたので、その声優さんのファンもいらっしゃるのでは」

そして、ガンプラ好きにも女性が少なくないという。半年に1回ほど店が開くガンプラ選手権。「作品を評価してもらう場ってなかなかないですけど、専門の本とかプラモデル店の主催って、ガチじゃないですか。ここはおふざけで、ゆる〜い感じでやってます。酔っぱったお客さんが投票してますから(笑)」

(左)縛られた赤鼻、(右)沈んだハイゴッグ(写真:qBiz 西日本新聞経済電子版)

選手権では○○縛り、というようなルールを設けることもあるが、「水陸両用縛り」という回では、モビルスーツではなく、水陸両用に乗るキャラクター「赤鼻」を縛ってきた作品が出た。「ダジャレです。もはやプラモでもない(笑)」。インパクトで優勝を飾った。

気になるガンプラがあった。この沈んでいるのは…ハイゴッグ? 「そうです。お母さんとお子さんが別の作品を作っていて、海に沈んでいるのはお母さんの作品です。アイデア満載で、選手権は楽しいですね」

次ページ「戦争」は終わらない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT