福岡「ガンプラキープ」ができるバーの正体

オーナーは根っからのジオン党

シャアのコスプレで「坊やだからさ」。願望をかなえるメニューを作ったソロモンの「大佐」(写真:qBiz 西日本新聞経済電子版)

2019年は「機動戦士ガンダム」の放送から40周年。記念すべき年を控えて、さまざまなシーンにガンダムの波が来ている。

NHKが「全ガンダム大投票」をやっていたり。

AbemaTVや東京MXテレビでのシリーズ再放送が話題になったり。

永野椎菜さんのtwitterのフォロワーが急増したり。

アニメ「ポプテピピック」でもガンダムネタが多かった。

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版(元記事は3月30日公開)からの転載です

伊集院光さんが以前、深夜ラジオで「ガンダム接待」という概念を唱えていた。初代ガンダムを見た世代が社内で昇進し、その上司をもてなすため、部下がガンダムについて勉強して話を合わせる。そんな内容だったと記憶している。そんな時代も来つつあるかもしれない。

女性人気も侮れない。4年ほど前、他のマスコミの女性記者2人が私の集めていたフィギュアを見て「これってガンダムSEEDですよね」と知っていた。2人ともガンダム好きではなかったのに。興味深そうに女性キャラのフィギュアのスカートの内側をのぞいていた。

なぜガンダムは根強いのか。シリーズが続き、新しいファンを獲得できているのか。九州のガンダムにまつわるスポットを訪ねれば、感じることができるかもしれない。この論理はこじつけか。いや、こんな時こそDON'T STOP! CARRY ON! 止まるんじゃねえぞ。

というわけで、今回の企画「ガンダムを訪ねてin九州」。手始めに、福岡市内のガンダムバーを訪れることにした。

高さ1メートルを超える木製のサザビーも

西鉄大橋駅から歩いて15分ほど。南区塩原にある「ZEON-SIDE DINING BAR SOLOMON」。ジオン軍の宇宙要塞「ソロモン」の名の通り、同軍のモビルスーツのプラモデルやフィギュアがところ狭しと並ぶ。はっきり言って連邦サイドの白い機体は少ない。高さ1メートルを超える木製のサザビーもそびえ立つ。

次ページボトルキープならぬ「ガンプラキープ」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。