「MacBook Pro」のバッテリー、無償交換へ

部品の不具合により内臓バッテリーが膨張

 4月20日、米アップル は、ノートパソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の一部で、部品の不具合により内臓バッテリーが膨張するケースが報告されており、バッテリーを無償交換すると発表した。写真はマックブック・プロ。カリフォルニアで2016年10月撮影(2018年 ロイター/Beck Diefenbach)

[20日 ロイター] - 米アップル <AAPL.O>は20日、ノートパソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の一部で、部品の不具合により内臓バッテリーが膨張するケースが報告されており、バッテリーを無償交換すると発表した。

対象となるのは2016年10月から17年10月にかけて製造された、13インチのタッチバー無搭載モデル。安全性に関わる問題ではないという。

対象となるマックブック・プロの台数については明らかにしていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。