「MacBook Pro」のバッテリー、無償交換へ

部品の不具合により内臓バッテリーが膨張

 4月20日、米アップル は、ノートパソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の一部で、部品の不具合により内臓バッテリーが膨張するケースが報告されており、バッテリーを無償交換すると発表した。写真はマックブック・プロ。カリフォルニアで2016年10月撮影(2018年 ロイター/Beck Diefenbach)

[20日 ロイター] - 米アップル <AAPL.O>は20日、ノートパソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の一部で、部品の不具合により内臓バッテリーが膨張するケースが報告されており、バッテリーを無償交換すると発表した。

対象となるのは2016年10月から17年10月にかけて製造された、13インチのタッチバー無搭載モデル。安全性に関わる問題ではないという。

対象となるマックブック・プロの台数については明らかにしていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。