腰痛に抜け毛…今の子どもを襲う不調と原因

昔の子どもとはこんなにも違う

ランドセルの重さを要因のひとつとして考える一方で、

「腰痛に関しては重い荷物を持つからというよりも、心理的要因に注目すべきでしょう。昔は、重労働をしているから腰に負担がきて、痛くなるというのが一般的に言われていました。

しかし、最近の研究では、メンタル的な部分、人付き合いなどの社会的要因が大きいということですね

まじめな子ほど腰痛に

メンタル的な部分には、子どもひとりひとりの性格も大いに影響し、さらに子どもを取り巻くギクシャクした人間関係も子どもたちを萎縮させていると分析する。

「うちに来た患者の例でいえば、昔よりも子どもの自己主張が強い、という印象がありますね。

逆に、自己主張ができない子にとっては、非常に居心地が悪い時代だと思います。学校から一緒に帰るときも“私は〇〇ちゃんと帰る、あなたはどうするの、誰と帰りたいの?”みたいなやりとりがあって、人間関係がギスギスしているみたいですね

放課後や休日に遊びに誘ったりする場合も、相手の都合を気にしながら誘うなど、大人顔負けの気遣いや処世術が求められる現代。

「腰痛を訴える子ほど、まじめな子が多い。まじめな子は全部受け止めちゃう。親の期待とか学校の成績とかいろんなものを全部、背負っちゃうんですよね」

と前出・山中院長。

教科書以外にも、目に見えない負担をランドセルに詰めて、子どもたちは通学しているようだ。

東京・中央区の『シロノクリニック銀座』の徳永真理院長は最近、こんな話をいくつか耳にした。

「治療に来られている保護者の方から、10代の娘もしくは息子が頭髪で少し悩んでいるんだけど、というようなお話を聞いたんです。一部では遺伝や病気、薬の副作用という可能性もありますが、10代の抜け毛の原因はほぼストレスといえます

1日100~200本くらい抜けるのが普通だが、枕元や浴室の排水溝、部屋の床にまとまった毛を発見すると、抜け毛が多いのでは? と思い込んでしまうケースもあるという。

10代の抜け毛というと一部分だけというものが多くて、いわゆる円形脱毛症が多いですね。その一部分から広がる可能性もあります。

抜け毛自体は、命に関わるものではありませんが、目立つことは確かです。若い方ほど悩みが深いですね」(前出・徳永院長)

もし悩みがあれば医療機関に相談するのは大事とのこと。

「市販のシャンプーでも効果が出ることはあると思います。ただ、治療薬とまではいえません。頭皮に負担のないもので、ご自分が気に入ったものを使っていただくくらいがいいと思います。

レーザーや注射での治療もありますが、痛みを伴うこともあります。まずは飲み薬や塗り薬から始めるという方が圧倒的に多いですね」

と徳永院長。

次ページ子どもたちを“スマホ老眼”が襲う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT