ザッカーバーグの報酬、53%増の890万ドルに

その多くが個人的なセキュリティー費用

4月13日、米フェイスブックが昨年、ザッカーバーグ最高経営責任者(写真)に支払った報酬総額は前年比53.3%増えて890万ドルになった。ワシントンで11日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[13日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>が昨年、ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に支払った報酬総額は前年比53.3%増えて890万ドルになった。同社の規制当局への届け出書類が13日明らかになった。

膨らんだ報酬の約83%は、ザッカーバーグ氏の個人的なセキュリティー費用が占めた。同社の取締役会は、創業者で会長兼CEOというザッカーバーグ氏の立場に直接起因する安全面の脅威があるため、その懸念を解消するセキュリティープログラムへの支出を承認したという。

実際のセキュリティー費用は、1年前の490万ドルから730万ドルに増加。ザッカーバーグ氏のサンフランシスコやパロアルトなどの自宅向けのセキュリティー対策として支払われた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。