ザッカーバーグの報酬、53%増の890万ドルに

その多くが個人的なセキュリティー費用

4月13日、米フェイスブックが昨年、ザッカーバーグ最高経営責任者(写真)に支払った報酬総額は前年比53.3%増えて890万ドルになった。ワシントンで11日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[13日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>が昨年、ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に支払った報酬総額は前年比53.3%増えて890万ドルになった。同社の規制当局への届け出書類が13日明らかになった。

膨らんだ報酬の約83%は、ザッカーバーグ氏の個人的なセキュリティー費用が占めた。同社の取締役会は、創業者で会長兼CEOというザッカーバーグ氏の立場に直接起因する安全面の脅威があるため、その懸念を解消するセキュリティープログラムへの支出を承認したという。

実際のセキュリティー費用は、1年前の490万ドルから730万ドルに増加。ザッカーバーグ氏のサンフランシスコやパロアルトなどの自宅向けのセキュリティー対策として支払われた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT