テスラのフェイスブックページが消えたワケ

イーロン・マスク氏があっさり削除を決断

イーロン・マスク氏はテスラとスペースXのフェイスブックページを削除した(写真:Tesla/Handout via REUTERS/Files)

イーロン・マスク氏が経営するロケット開発会社「スペースX」と電気自動車メーカー「テスラ」のフェイスブック・ページは、同氏がツイッターで挑戦を受け、削除を約束してから数分後に姿を消した。

男だったら…

「男だったらフェイスブックにあるスペースXのページを削除しないのか?(Delete SpaceX page on Facebook if you're the man?)」

WhatsAppの共同設立者であるブライアン・アクトン氏がイーロン・マスクにこのようにツイートした。それに対するマスクの反応は「私はそれを認識していなかった。消すよ(I didn't realize there was one. Will do)」だった。 

その直後、数百万人のフォロワーを抱えていたスペースXとテスラのフェイスブックページに誰もアクセスできなくなった。

ハッシュタグ「#deletefacebook」は、世界最大のソーシャルネットワークがユーザーを混乱させる事件が明らかになった後、大きな広がりを見せている。事件とは、2016年の大統領選挙においてフェイスブック利用者の個人情報がトランプ陣営の選挙コンサルタントを務めたケンブリッジの会社に不正流出していた問題だ。

次ページ2人の仲は険悪
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。