テスラのフェイスブックページが消えたワケ

イーロン・マスク氏があっさり削除を決断

(写真:REUTERS/Stephen Lam/File Photo)

「フェイスブックって何?(What's Facebook?)」 ともマスク氏はツイートした。多くのユーザーは、この億万長者に対し、フェイスブック傘下の写真共有アプリInstagram上にある彼の会社のプロフィールも削除するよう促した。

それに対し、マスク氏は「Instagramはおそらく大丈夫...独立している限り」と答えた。「私はフェイスブックを使っていないし、アカウントを持っていないので、殉教者でもなんでもない。会社も大きな打撃を受けているとは思わない」。

ロボットの未来を巡って衝突

昨年7月、マスク氏はフェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏とケンカをしたことがある。両者の間で、「人間を殺すほどロボットが賢明になるかどうか」について議論をしていたときのことだ。

ロボットの危険性を指摘したマスク氏の見解についての意見を求められたとき、ザッカーバーグ氏は「終末論的シナリオを語る否定的な人間に対して反応することはできない」と反応した。これに対して、マスク氏は次のようにつぶやいた。「この問題に関する彼の理解は限られている」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT