大谷翔平が4打数2安打、エンゼルスは6連勝

敵地でのロイヤルズ戦で

 4月13日、MLBエンゼルスの大谷翔平投手は敵地でのロイヤルズ戦に「7番・DH」で出場し、4打数で二塁打を含む2安打、1三振の成績だった(2018年 ロイター/Jay Biggerstaff-USA TODAY Sports)

[13日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は13日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平投手は敵地でのロイヤルズ戦に「7番・DH」で出場し、4打数で二塁打を含む2安打、1三振の成績だった。

エンゼルスは5─4で勝利し、6連勝とした。

カブスのダルビッシュ有投手はホームでのブレーブス戦に先発し、4回2/3で9安打、4失点、4三振、4四球という内容で1敗目(0勝)を喫した。カブスは0─4で敗れた。

マーリンズの田沢純一投手はパイレーツ戦の9回から登板し、1回を無安打無失点、1三振に抑えた。マーリンズは7─2で勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT