大谷翔平が4打数2安打、エンゼルスは6連勝

敵地でのロイヤルズ戦で

 4月13日、MLBエンゼルスの大谷翔平投手は敵地でのロイヤルズ戦に「7番・DH」で出場し、4打数で二塁打を含む2安打、1三振の成績だった(2018年 ロイター/Jay Biggerstaff-USA TODAY Sports)

[13日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は13日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平投手は敵地でのロイヤルズ戦に「7番・DH」で出場し、4打数で二塁打を含む2安打、1三振の成績だった。

エンゼルスは5─4で勝利し、6連勝とした。

カブスのダルビッシュ有投手はホームでのブレーブス戦に先発し、4回2/3で9安打、4失点、4三振、4四球という内容で1敗目(0勝)を喫した。カブスは0─4で敗れた。

マーリンズの田沢純一投手はパイレーツ戦の9回から登板し、1回を無安打無失点、1三振に抑えた。マーリンズは7─2で勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。