他者の成功例が失敗よりアテにならない理由

不安は無視しても意識しすぎてもいけない

まさに失敗ノートをつづる理由と同じです。不安を徹底的に遠ざけることで、ポジティブな人生を歩んでいるのです。

私もそんなマンガーを見習って、人の失敗談を聞いたとき、ニュースで紹介された興味深い失敗の事例に触れたとき、失敗ノートをつけ、新たな行動を起こすときには見返すようにしています。

エバーノートで作るのがお勧め

たとえば、「ソニーはなぜ、iPhoneを作れなかったのか」という記事があります。そこに書かれているのは、「ケータイにカメラをつけるとデジカメが売れなくなる」と主張するデジカメ部門を説得することができず、開発が頓挫。組織内の対立から、革新的な商品を開発できなくなっていくソニーの失敗がつづられています。

また、ポラロイド社に関する失敗の逸話もメモしてあります。

「写真を撮ったら、すぐに見られる方法がないか?」と考え、試行錯誤の末にポラロイドカメラの開発に成功。一世を風靡したイノベーティブな創業者が会社から去った後、ポラロイド社は硬直化していきます。

『運は操れる』(マキノ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして、デジタルカメラが市場に登場し始めた頃、「撮ったらすぐに見られる」という創業の理念と同じ商品にもかかわらず、「自社のポラロイドカメラが売れなくなるから」と参入を断念。時代に逆行した施策を打ち、市場を失っていきます。

こうした事例を読み返すことで、私は自分が守りに入ろうとしたとき、「それは無意味な自己保身ではないか?」と問い直すのです。

その失敗ノートですが、私は紙のノートではなく、エバーノート(インターネットを利用した個人向けの情報保管サービス)に保存するようにしています。

気になった失敗のニュースを次々と放り込み、確認したいときにはキーワード検索をかけ、見返すことができます。また、一覧性も高く、ストレスがありません。

すると、確かに「あ、これは同じだ!」と自分が失敗しやすい行動を起こしかけていることに気づく機会が増えました。気づけば当然、軌道修正します。その繰り返しが、不運を遠ざけ、幸運に近づくトレーニングとなっていくのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。