ツイッタービジネスは、どう進化するのか?

モバイル化、テレビとの融合、そして、リアルタイム

リアルタイムを使いこなせるか

ツイッターのリアルタイム・インフラとしての発展とユーザーの使いこなし方、楽しみ方のスピードは非常に速い。一方で、情報を発信するメディアや広告、こうしたパワーを活用したい政治家などが、どうリアルタイムなメディアと付き合うか、は難しい問題だ。

前述のウィカー氏は、リアルな現場にツイートを表出させる取り組みが、リアルタイムのメディアを理解したり、活用方法を考えたりする上で非常にわかりやすいのではないか、と指摘する。

例えば、ツイートと音楽を連携させるライブイベントやファッションショー、あるいは党大会などのように、人が集まる場所の大きなスクリーンにツイートを表示させる取り組みは、(単純なアイディアのようだが)リアルタイム性の楽しさを理解するのに十分な体験だ。

こうしたリアルタイム・インフラを生かすアイディアを、全てツイッターだけで考えようとしているわけではない点も面白い。コラボレーションを前提として、新しい使い方のアイディアの芽を発見し、そこに投資するという動き方は、興味深いサービスやビジネスモデルを生み出す方法になるのではないだろうか。

ツイッターがモバイルを前提にサービスを考えているのは、「多くの人が、モバイルを使っているから」とウィカー氏は語っていた。

モバイルからリアルタイムな情報を受け取って、どんな面白いことが起きるのか――それをツイッターはユーザーさらには広告主に対して、より強くアピールしていく必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT