池上線「大崎広小路」がおしゃれになったワケ

高架下のイメージ一新、テーマは「自転車」

「STYLE-B」の店内では自転車の横で野菜やドーナッツが販売されている(筆者撮影)

「旬八青果店」は規格外の野菜を扱うことを特徴としている八百屋で、港区や目黒区を中心に10店舗を展開する。特徴について「農家が出荷しない規格外の野菜でもおいしい野菜は多い。それを消費者に提供することで農家と消費者の双方が喜べるようになれば」(旬八青果店担当者)とのことだった。

今回の出店場所については「今までDOUGHNUT PLANTさんと共同出店し、カフェの横への出店の経験はあった。今回自転車屋が加わることにより、さらに店舗のスタイルや客層に広がりが出れば」(同)と期待感をにじませる。

このように特色あふれる「STYLE-B」の2区画。今後は五反田エリアのサイクリストの間で話題の施設となっていくだろう。

地域に合わせた高架下施設デザイン

東急電鉄は近年、高架下の暗いイメージを一新するような開発に力を入れている。2012年に学芸大学駅横にオープンした「GAKUDAI KOUKASHITA」を皮切りに都立大学、中目黒でも同様の開発を行ってきた。特に一昨年オープンした「中目黒高架下」では約700mの長さに渡って、高架下を商業施設として整備し、「蔦屋書店」をはじめ、個性あふれる店舗を入れた。

「STYLE-B」天井のガラス越しに東急池上線の電車が行き交うのが見える(筆者撮影)

今回の「池上線五反田高架下」の特徴について「五反田という立地の特性を取り入れ、歓楽街的なイメージが強い同エリアで別方向からのアプローチを目指した」(東急電鉄・嶝(さこ)俊輔氏)という。また「中目黒高架下」との違いについては「中目黒はもともと高架横の道が人通りが多いところであったため、店舗の個性を重視した。一方で、今回の池上線五反田高架下はもともと人通りの多い場所にはないため、統一感のあるデザインにした」(同)。

従来の開発では高架下を意識させないよう、柱を見えにくくする工夫をしてきたが、今回はあえて高架下の柱を見えるようにした。

また、「STYLE-B」の入る区画は大崎広小路駅に近く、上下線が少し離れた位置にあるため、そのすき間を活用して、天井をガラス張りにした場所を設けることで開放感を演出している。

次ページ注目高まる「鉄道と自転車」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT