池上線「大崎広小路」がおしゃれになったワケ

高架下のイメージ一新、テーマは「自転車」

3月13日に開業した「池上線五反田高架下」では「自転車」をテーマにした店舗が入居する(筆者撮影)

3月13日、東急池上線の大崎広小路駅近くに「池上線五反田高架下」が誕生した。これまでも五反田駅―大崎広小路駅間には「ラーメン魁力屋」や「五反田桜小路」といった施設があったが、今回延べ床面積約900平方メートルの区画がオープンし、一体の「池上線五反田高架下」となった。内覧会では記者だけではなく2つのテレビ局のカメラも入り、五反田の新たなシンボルとして注目されていることがうかがえた。

現在、五反田周辺ではスタートアップ企業が相次いでオフィスを構えており、中でも五反田駅―大崎広小路駅間や山手通りを挟んだ西五反田7丁目近辺にはスタートアップ企業のオフィスが点在している。

こうした企業の社員は流行に敏感で「新しいもの」が好きだ。そのため、今回の高架下再開発では「URBAN EXPERIENCE」というコンセプトを掲げ、「モノ」消費から「コト」消費へ移りゆく消費スタイルの変化を取り入れた。そしてライフスタイル提案型の店舗を入れることで、「新しいもの」が好きな人たちの好奇心を刺激するような施設を目指した。

「自転車」が大きなテーマ

それでは、具体的に「高架下」の様子を見ていこう。まず、「五反田桜小路」に近い北側の2区画には飲食店を導入し、ビール醸造所を併設したクラフトビールバーをはじめ、4店舗の飲食店が入った。これは高架下再開発としてはかなり一般的なものだ。

今回力が入っているのは、大崎広小路駅に近い南側の2区画だ。ここではライフスタイル提案型のテナントとして「自転車」をテーマとした店舗が入る。

スタートアップ企業の社員は職住近接の傾向が強く、また自転車通勤者も多いという。五反田駅西側のまちを歩いていても有名メーカーのクロスバイクやロードバイクを多く見掛けた。また「池上線五反田高架下」の大崎広小路駅側には山手通りが走る。山手通りには自転車レーンが整備されており、それもヒントとなったようだ。

次ページ施設デザインもサイクリストを意識
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。