池上線「大崎広小路」がおしゃれになったワケ

高架下のイメージ一新、テーマは「自転車」

3月13日に開業した「池上線五反田高架下」では「自転車」をテーマにした店舗が入居する(筆者撮影)

3月13日、東急池上線の大崎広小路駅近くに「池上線五反田高架下」が誕生した。これまでも五反田駅―大崎広小路駅間には「ラーメン魁力屋」や「五反田桜小路」といった施設があったが、今回延べ床面積約900平方メートルの区画がオープンし、一体の「池上線五反田高架下」となった。内覧会では記者だけではなく2つのテレビ局のカメラも入り、五反田の新たなシンボルとして注目されていることがうかがえた。

現在、五反田周辺ではスタートアップ企業が相次いでオフィスを構えており、中でも五反田駅―大崎広小路駅間や山手通りを挟んだ西五反田7丁目近辺にはスタートアップ企業のオフィスが点在している。

こうした企業の社員は流行に敏感で「新しいもの」が好きだ。そのため、今回の高架下再開発では「URBAN EXPERIENCE」というコンセプトを掲げ、「モノ」消費から「コト」消費へ移りゆく消費スタイルの変化を取り入れた。そしてライフスタイル提案型の店舗を入れることで、「新しいもの」が好きな人たちの好奇心を刺激するような施設を目指した。

「自転車」が大きなテーマ

それでは、具体的に「高架下」の様子を見ていこう。まず、「五反田桜小路」に近い北側の2区画には飲食店を導入し、ビール醸造所を併設したクラフトビールバーをはじめ、4店舗の飲食店が入った。これは高架下再開発としてはかなり一般的なものだ。

今回力が入っているのは、大崎広小路駅に近い南側の2区画だ。ここではライフスタイル提案型のテナントとして「自転車」をテーマとした店舗が入る。

スタートアップ企業の社員は職住近接の傾向が強く、また自転車通勤者も多いという。五反田駅西側のまちを歩いていても有名メーカーのクロスバイクやロードバイクを多く見掛けた。また「池上線五反田高架下」の大崎広小路駅側には山手通りが走る。山手通りには自転車レーンが整備されており、それもヒントとなったようだ。

次ページ施設デザインもサイクリストを意識
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?