トランプ大統領の「対中国戦略」はバレバレ?

「米中貿易戦争」で一儲けを企む投資家たち

3月28日、「賭け」を生業とする米ウォール街の金融マネジャーたちにとって、トランプ米大統領の通商面での対中強硬姿勢は、高額な賭け金がかかったポーカーの手のように見えている。写真はホワイトハウス22日、中国が米国の知的財産権を侵害しているとして最大600億ドルの輸入品への課税方針を署名するトランプ米大統領(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 「賭け」を生業(なりわい)とする米ウォール街の金融マネジャーたちにとって、トランプ米大統領の通商面での対中強硬姿勢は、高額な賭け金がかかったポーカーの手のように見えている。だが彼らは、全力で参加できると踏んでいるようだ。

市場はジェットコースターのような展開に

トランプ氏が貿易摩擦を引き起こすのではないかとの不安は、同氏が輸入鉄鋼とアルミニウムに関税を課す方針を表明し、主要貿易相手国の中国や欧州、隣国カナダから報復措置を受ける恐れが表面化した3月1日以降、ウォール街に渦巻いている。

それ以降、市場はジェットコースターのような展開となっている。

トランプ氏が中国からの600億ドル(約6.4兆円)の輸入品に関税を課すと表明し、中国が米国に「崖から戻る」よう要請しつつ、報復として米国からの輸入品30億ドル相当に関税をかけると反発した23日には、世界で株価が下落した。

だが、中国が交渉に応じる姿勢を見せると、26日に株価は反発。しかし翌27日には、テクノロジー株を巡る神経質な動きが、再び株価を押し下げた。

投資家は引き続き、世界の2大経済大国である米中間の貿易戦争を懸念している。だが大口投資家の中には、トランプ氏の通商戦略を分析しつつ、一稼ぎしようと前のめりになっている人々もいる。

著名実業家だったトランプ氏が2日、「貿易戦争は良いことだ。簡単に勝てる」とツイートし、エコノミストに衝撃を与えた。エコノミストたちは、過去の貿易戦争が、巻き込まれた経済に破壊的な影響を与えたとの証拠を引用している。

「これまでの政権は、中国のような貿易相手国に対してより公平な取引を求めては、葉巻の火を額に押し当てられて消されるような対応を受けてきた」と、フェデレーテッド・インベスターズのポートフォリオマネジャーのスティーブ・キアバロン氏は指摘。「慣例を破るトランプ氏のやり方は、完全に彼なりの交渉戦術だろう」と述べた。

次ページ交渉はうまくいくのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT