北朝鮮初「ファーストレディ外交」の採点簿

李雪主夫人の一挙手一頭足に中国が興味津々

夫婦で会談(写真:ロイター)

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長にとって初めての外遊に、夫人である李雪主(リ・ソルチュ)氏が同行し、北朝鮮で初めての「ファーストレディ」外交が始まった。北朝鮮の朝鮮中央通信は3月28日、金委員長の訪中に李雪主「女史」が同行したと報道した。

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です(一部、理解を助けるための加筆をしています)

北朝鮮メディアは2月8日の人民軍建軍記念日に行われた閲兵式を報道して以降、李雪主を「同志」ではなく「女史」と呼び、その地位を高めようとしている。

朝鮮中央通信は、金委員長の特別列車が中国の丹東に到着し、中国共産党の宋涛・対外連絡部長などの出迎えを受けた際や北京に到着して下車する際、また北京の人民大会堂に到着した際などを逐一報道しながら、数回にわたって金委員長とともに李雪主について言及した。

4人で並んで立って記念撮影

金委員長と李雪主は、中国の習近平国家主席夫妻が3月27日に迎賓館である釣魚台での午餐にもともに出席した。

特に中国CCTVが公開した映像からは、李雪主は金委員長、習国家主席、彭麗媛夫人ともに4人で並んで立って記念撮影を行った。李雪主が事実上、習主席の夫人のカウンターパートとなった。

朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は金委員長夫妻が中国科学院を訪問した写真を掲載したが、夫婦が海洋科学探査に関する展示場でVRハンドセットを実際に試している。北朝鮮メディアが最高指導者の海外訪問や外交行事での夫人の行動を報道したのは、これまでまったくなかった。

次ページ「正常な国家」として国際社会にアピール
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT