「画像処理技術」の最先端で起きていること

モルフォ社長にロングインタビュー

最先端の画像処理技術をソフトウエアで提供するモルフォの平賀社長に、話を伺う(写真:Signifiant Style)

スマートフォンをはじめとするさまざまなカメラに、最先端の画像処理技術をソフトウエアで提供するモルフォ。自ら研究者として技術開発に携わり大学発のベンチャーとして起業した平賀社長は、ガラケーからスマホへの変化を海外展開で乗り越え、現在も新たな分野へ進出しようとしています。「新たなイメージング・テクノロジーを創造する集団として革新的な技術を最適な『かたち』で実用化させ、技術の発展と豊かな文化の実現に貢献」するという経営理念を実現するために、どのようにビジネスを展開していくのか、平賀社長のお話を伺います。

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

2004年創業のモルフォはデジタル画像処理をはじめとするイメージング・テクノロジーの研究開発主導型企業。静止画並びに動画の手ブレ防止補正ソフトウエアや高精度HDR合成ソフトウエア、パノラマ画像生成ソフトウエアなどが国内外の携帯電話やスマートフォンに搭載されている(2011年7月、東京証券取引所マザーズ市場に上場。2017年10月期の売上高は約23億6000万円、営業利益は約8億1000万円。証券コードは3653)。

ガラケー時代、ドコモとの提携で急成長

村上誠典(シニフィアン共同代表。以下、村上):最初に御社の事業概要についてご説明いただけますか?

平賀督基(株式会社モルフォ代表取締役。以下、平賀):現在のメインの事業はスマホのカメラ機能のソフトウエア開発です。B to Bでテクノロジーを提供しているので、普通の方にはなかなかご理解いただけないのですが、手ぶれ補正や、逆光でも人の顔や背景を写るようにするテクノロジーを、スマートフォンのメーカーに提供しています。

モルフォの事業概要(画像:モルフォ社資料より)
次ページドコモと組んで上場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT