ソースネクスト、「ポケトーク」に込めた狙い

リアル「ほんやくコンニャク」で脱ソフト頼み

ソースネクストは昨年秋のIT業界向け見本市に専門ブースを出展するなど、「ポケトーク」の販売拡大を進めている(写真:ソースネクスト)

今、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、手のひらサイズの本体に話しかけると、その場で50言語以上の外国語に音声翻訳する通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」が人気だ。

通訳したい2言語をタッチして選び、Wi-Fiなど無線でインターネットに接続すれば、双方向で通訳できる。高い精度に加え、複雑な長い文章を翻訳できるのも特長だという。

昨年12月に販売を開始したポケトーク。端末は蘭トラビス社と協力して開発した(写真:ソースネクスト)

ポケトークは2017年12月に発売された製品。本体カラーは黒と白の2種。世界61カ国で使える専用SIMカードをセットしたモデル(2万9800円・税別)と、Wi-Fiで利用できる本体のみのモデル(2万4800円・税別)がある。

発売元は、セキュリティソフトの「ZERO」シリーズや年賀状作成ソフトの「筆まめ」「筆王」で知られるソースネクスト。

同社が昨年10月に発表した後、量販店や同社のオンラインショップに予約が殺到し一時は入荷待ちの状態に陥った。東京オリンピックに向けて高まるインバウンド需要に対応する製品として、2020年までに50万台の販売を目指している。

リアルな「ほんやくコンニャク」!?

ソースネクストには、英語学習用に映画DVDを編集したソフト「超字幕」シリーズがあり、昨年4月には、世界的な語学学習ソフト「ロゼッタストーン」の日本事業を買収した。そして今回、「言葉の壁をなくす」を狙いに投入したのが、このポケトークだ。

製品販売のきっかけとなったのは、昨年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大の携帯電話見本市、モバイル・ワールド・コングレス(MWC 2017)。オランダのベンチャー企業・トラビス社の翻訳機を見て驚いた開発担当者が、そのまま本社へ直行。

「技術者同士で話し合った結果、日本市場で成算あり」という報告を受けたソースネクストの松田憲幸社長が自ら渡航、トラビス社のCEOとひざ詰めで談判し、国内の独占販売権を獲得。協力して開発を進めることになった。

次ページどういった人々が買っているのか?
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。