「アベマTV」がゴルフ中継に乗り出した狙い ネットで生中継の画期的な試みに火が着くか

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 最新
拡大
縮小
スマホを片手にゴルフ中継を楽しむ時代が来るかもしれません。写真はイメージ(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」が、ゴルフのコンテンツを手にした。それが、石川遼や池田勇太らスター選手がいる男子レギュラーツアーでも、華やかで人気のある女子ツアーでもない。男子のレギュラーツアーの下部、プロ野球でいうと2軍のツアーの年間特別スポンサーになった。

このツアー、昨年までは「チャレンジトーナメント」といわれ、年間12試合程度が行われてきた。このツアーで賞金ランク上位になると、レギュラーツアーへの出場権が与えられる。若手にとっての「登竜門」となるツアーだった。

名称も変更され3月30日から1試合目が開催となる(写真:(C)AbemaTV)

今季から「AbemaTVツアー」と名称が変更される。今年開催される12試合のすべてをインターネットで生中継するという。ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)はもちろん、ゴルフ界にとっては画期的な試みになる。

AbemaTVツアーは何が違うのか

3月23日から開催された「ジャパン・ゴルフフェア」の会場の一角で「ゴルフを普及するための中継スタイル」という討論会が行われた。そこで、今回のAbemaTVツアーが話題になった。

何が画期的なのだろうか。

これまで、ゴルフ中継というのは、このコラムでも時折指摘してきたように、「地上波の録画中継」というのが通常だった。サッカーなどのように時間が決まっていないので、放送枠の時間内で収めるには録画の必要があり、大会スポンサーのために表彰式なども盛り込むためでもある。

次ページインターネット中継の可能性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT