爆走アベマTVは「稼げるメディア」に化けるか

番組制作に2年連続で200億円を投じる理由

元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが出演した「72時間ホンネテレビ」はネット上で大きな話題となった (C)AbemaTV

「稲垣・草彅・香取 3人でインターネットはじめます」──。元SMAPメンバーが再出発の場に選んだのは、地上波ではなく、ネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」だった。11月2〜5日に放送された「72時間ホンネテレビ」は、企画の発表時点から大きな関心を呼んだ。

ホンネテレビの放送72時間の総視聴数は7200万超に上り、アベマTVとしての過去最高を更新。ネットの生放送番組としても異例の実績となり、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでも話題が大きく拡散された。

大物タレントは藤田社長自ら交渉

アベマTVはネット広告大手のサイバーエージェントとテレビ朝日による合弁事業。スマートフォンやパソコンから、バラエティやニュース、スポーツなど約25チャンネルの番組を24時間無料で視聴できる。2016年4月に放送を開始し、スマホアプリのダウンロード数はすでに2200万を突破。週間利用者数も500万近くにまで成長した。

アベマTVは、サイバーエージェント・藤田晋社長”肝いり”の事業だ(撮影:今井康一)

サイバーエージェントの藤田晋社長は、「72時間ホンネテレビでアベマTVの過去最高(視聴数)を更新するのはまず間違いない」と、10月下旬の決算説明会で自信満々に語っていた。今回の元SMAPメンバーを含め、影響力のあるタレントは藤田社長が自らキャスティングに動いているという。

ネットの動画視聴サービスは国内外で多くの企業が競り合うが、ほとんどが月額課金の有料モデル。そんな中、アベマTVは基本無料で差別化し、普段テレビを見ない10〜20代の若年層まで取り込んできた。

次ページ独自制作番組が次々にヒット
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。