ソニーVAIOが苦戦。生き残りの秘策とは?

タブレット対応のノートPCを大量投入して存在感をアピール

具体的には、タブレットに流れるロシア、スマートフォンに押されるインド、経済環境の悪化が響くメキシコといった、ソニーが一定の足場を持つマーケットで逆風にさらされている。「ウィンドウズXP」のサポート切れに伴う置き換え需要も期待されるが、コンシューマー向けのVAIOでは、今のところは、「従来の見通しよりも上振れている国はほとんどない」(同)のが実態だ。

ソニーは今期初750万台とした見通しを、8月時点で620万台へとすでに1度下方修正しているが、どうやら今期2度目の減額となる可能性が濃厚だ。実は同社のPC事業は前期においても、期初の1000万台目標を、12年8月に920万台、11月に850万台、そして今年2月には760万台へと、3度にわたって切り下げている。

サードポイントは撤退を提案

仮に620万台を達成したとしても、「黒字化は厳しい」(赤羽SVP)という現状に、社内外から向けられる目は厳しい。今年5月に開催された同社の経営方針説明会で示された「中核事業」から、ノートPCは外された。

「市場環境からして成長、収益のコアドライバーとなるのは難しい」(同)と判断されたためだ。そのため今後の事業環境によっては、「もう一段の経費削減も考えていかなくてはならない」(同)状況にある。またソニーの議決権の6.3%を保有していると主張する、ヘッジファンドのサードポイントはより率直に、グループ内では規模の小さいPC事業からの撤退を提案している。

国内外の個人ユーザーに、まだまだ根強いファン層を持つVAIO。タブレット市場の開拓で、その存在感を示すことができるのか。それともPC不況の荒波に沈むのか。今回の新モデルは、その成否を占う格好の試金石といえそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。