まるでSF!凄すぎる進化を遂げる「人体拡張」

パラリンピックがオリンピックを上回る日

センサーの多様化、小型化も進みつつあり、自らの体や健康の状態を知る能力の拡張が進んでいる。スマートフォンには加速度センサーが装備されていて、日々の活動状態を測定可能だ。より健康コンシャスな人は、リストバンド型のウェアラブルデバイスを装着したりしているが、すでに衣服型のウェアラブルが登場してスポーツの世界で使われている。

その先にあるのは「インジェスティブル」や「インプラント」、すなわち服用可能や体内留置可能なセンサーである。センサーは超小型化していずれは血球サイズとなり、それを血管内に循環させて、血液の状態をリアルタイムでモニタリングすることが可能になる。そうなれば、症状が現れる前に体調変化を検知して医者にかかることができるだろう。寿命が延びるだけでなく、医者の仕事のしかたが変わり、保険の概念や料率の考え方も劇的に変わると考えられる。

また、義肢やARは身体機能の拡張と言えるが、それ以外に体内、つまり遺伝子面からのアプローチもある。CRISPR/Cas9という技術では、DNAの任意の場所を編集、つまり切断や部分置換することが可能であり、これを使えば、遺伝子のエラーを修復するとともに、病気、欠乏症、遺伝性疾患を取り除くことができるのだ。ガン、血液疾患、遺伝性疾患、HIVなど、数多くの難病がその対象となりうる。

「AI対人間」ではなく「AIと人間の融合」

テクノロジーの力は、人間を、生身のものから人工物との複合体へと変えていくのかもしれない。AIが人間の能力を超えるという「シンギュラリティ」が話題となっているが、私たちの将来に待っているものは、「AI+ロボットvs人間」なのではなく、人間とメカとAIが融合し、協働する姿なのかもしれない。

こうした変化は、巨大な軋轢(あつれき)や抵抗と、数多くの勝者と敗者を生み出すだろう。テクノロジーの利用には、当然ながらダークサイドも存在する。しかし変化が避けられない道であるなら、私たちに問われるのは、いかにそれに前向きに付き合っていくかということだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT