インデックス投資の長期戦で損しないコツ

株価連動商品、暴落に動じる必要はない

長く持ち続けていればあるべき平均値に収束していきます(写真:chombosan/iStock)

数ある投資手法の中で、最近じわじわと人気を集めつつあるのが「インデックス投資」です。インデックス投資は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、ニューヨークダウ平均、S&P500などの株価指数と同じ値動きを目指す投資手法。「世界中に分散したインデックスファンドを積み立て投資して長期保有する」というロングスパンな投資スタイルで、ひたすら寝かせて増やす「バイ&ホールド」が特徴です。

きわめて手間がかからず、金融の素人でもプロと互角以上に戦える、世界標準のスタンダードな投資法として、日本国内でも10数年かけてようやく広まってきた感があります。

1973年初版のロングセラー『ウォール街のランダム・ウォーカー』では、「個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資したりするよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと待っている方がはるかによい結果を生む」と、40年以上前からインデックス投資が推奨されています。

しかしながら、実際にやってみるとわかりますが、ただインデックスファンドを買ってじっと待っているのは、じつは意外と大変なのです。

投資家の信念を突き崩しにかかるマーケットの波状攻撃

なんといっても、毎日、自分の大切なおカネが増えたり減ったりしているのです。はじめのうちは、これが気にならないわけがありません。

何年か積み立て続けて、投資金額全体が大きくなってくれば、この日々の騰落の金額も、どんどん大きくなってきます。「今日は30万円儲かったぞ!」「今日は50万円も損した……」という感じです。

新聞やテレビからはニュースが絶え間なく流れてきます。日経平均の下落、為替レートの変動、外国のテロ事件……。こういう外部からの情報を見るたびに「今すぐインデックスファンドを全部売ってしまったほうがいいのではないか?」「今こそ集中的に買い増しするチャンスなのでは?」と心動かされてしまいます。

次ページインデックス投資を15年間コツコツと継続してわかったこと
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT