新入社員が犯しがちな「同僚づきあい」のミス

同期と学生ノリ、独身お局社員に結婚ネタ…

一方で、無邪気に頼ってくれる人には、相手も心を開くものです。これは年齢の離れた女性に限らず、一般的に「仕事はできるけれど、自分に愛想のない人」よりも「仕事は多少できなくても、自分に心を開いて接してくれる人」のほうをかわいがるものなのです。必要以上に気を使う必要はありませんが、少しだけ歩み寄ってみてはいかがでしょうか? 会ったとたんに「マズい!」という顔をしてバタバタと立ち去られてしまったら、いつまでたっても距離は縮まりませんよね。

たとえば、廊下ですれ違ったら笑顔であいさつをし、会社の化粧室で会ったらひと言声をかけてみる。最初はその程度でよいのです。慣れてきたら、雑談や質問をしてみるとだんだん関係が変わっていきます。

実際に接してみたら、いろいろなことを教わることができるはずです。女性ならではの悩みを打ち明けたりすることもできるでしょうし、いざというときに味方になってくれるかもしれません。自分で垣根をつくらないで飛び込んでみると、たくさんの学びがあるはずです。

親しくなった同性の先輩にも「礼儀」は必要

とはいえ、「親しき仲にも礼儀あり」は、同性の先輩であっても同じです。ここで、先輩OLの失敗談を紹介します。

上司と取引先の40代の女性の話になり「あの人あの歳で一度も結婚したことがないんですよ。彼氏もいないみたいですし痛いですね」と言ったら上司の顔がひきつりました(上司は40代で独身の女性、元広告代理店、現在管理職30代)

上司に親近感をもっているからこそ、こういう会話ができるのですが、気をつけたいですね。「上司のことを言っているわけではないから」とまったく悪気がないだけに言われたほうも反応に困ります。

『大切だけどなかなか教えてもらえない 入社1年目女子 仕事のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もちろん面と向かって怒ったりすることはないと思いますが、こういうささいな言葉こそ、なんとなく心に残ってしまいます。相手に「年齢が離れている」ということを実感させてしまうのです。

年齢のこと、または恋愛や結婚などプライベートな話題に自分から踏み込むのは避けましょう。先輩が自分から話題に出した場合はいいでしょうが、最初は当たり障りのない会話にとどめておくのが賢明です。いい関係になって、少しずつ距離が縮まれば、そういう会話も自然とできるようになるものです。

考えすぎると何も話せなくなってしまうかもしれませんが、「このことを話したら相手はどう思うのかな」と想像力を働かせた会話が大事。これは誰と話すときでも心掛けるといいことですよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。