「マイクロマネジメント上司」の実態と対策

パワポ資料は2ミリ単位で口を出す

上司様に信じていただけないというのは、滅私奉公している身としては哀しい限りです。上司がそんな不安症だとしたら、部下の私がやることはただひとつ、

上司を安心させること

だけです。つまりは、上司の不安ポイントを把握するようにしたのです。上司が何を嫌がり、何を好むか……。つねに上司の思考を先回りして、1000手先まで読む……気分は羽生名人です。

そして、さらには上司の上司の情報を手に入れて、さりげなく伝えることで、上司の信頼感を増やしていく……。

私だけではなく、それをチーム全体で行うようにしました。みんな上司のマイクロマネジメントのおかげで死にかけていたので、逃れたい一心だったのです。

不安を克服し、信頼を勝ち取った

それを1年ぐらい続けた頃でしょうか。不思議なことに、ある日、ぴたりと上司のマイクロマネジメントが止まったのです。彼が「大丈夫だよな」「任せる」などと言うようになったのです。

その瞬間、チームメンバーは心の中で嗚咽号泣しました。私たちは上司の不安を克服し、彼の信頼を勝ち取ったのだと……。

そして、その後チームに新人が入ってきたのですが、その新人は私たちが受けたようなマイクロマネジメントを受ける羽目になりました。それを見ていた同僚がぽつりと、

「きっとこれは、このチームのイニシエーションなのだ……」

と言いました。そう、マイクロマネジメントおじさんが存在する部署では、おじさんのマイクロマネジメントを乗り越え、克服してこそ、チームの一員になれるのかもしれません。

しかし、不思議なことにこの上司の下にいた時がいちばん自分に力が付いたような気がしています。マイクロマネジメントおじさんは、部下をつぶすか成長させるか、諸刃の剣的な機能をもったおじさんなのかもしれませんね……。

といったところで今日は失礼します☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT