世界の自動車市場、成長の限界はどこなのか

先進国と新興国「1人当たり台数」で読み解く

環境やエネルギーの問題はあるがまだまだ拡大の余地もある(写真:Alfribeiro/iStock)

乗用車保有台数に関する「神の見えざる手」とは

昨年(2017年)、日本の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支(通関ベース、財務省調べ)は2兆9910億円と2年連続で貿易黒字となった。食料や原油・液化天然ガスなどの資源を輸入に頼る日本にとって、工業製品の輸出は経済の生命線。その中でも稼ぎ頭であり、国際的な競争力を保っているのが自動車産業だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ただ、日本の自動車産業を取り巻く状況は大きく変化している。東洋経済オンラインが3月5日配信の「トヨタがEVシフトに見せる尋常ならぬ危機感」でも指摘したように電動化や自動運転、IT化などの大きな波に対応できなければ、この先も競争力を保てる保証はない。

日本の自動車産業は国内外でどれだけ維持・発展できるのだろうか。世界の自動車市場がどこまで成長できるかは、重要な判断材料だ。

次ページ先進国1人当たりの四輪車保有台数は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。