iPhoneが今年はさらに「大画面化」する必然

大画面化はiPhoneの買い替えを促進する

新しいiPhoneはさらに大画面化し、3サイズ展開になると報道されているが…(写真は左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus:筆者撮影)

2月26日~3月1日、スペイン・バルセロナで世界最大級のモバイル展示会「Mobile World Congress(MWC)」が開催された。例年のことだが、Androidスマートフォン新モデルのニュースが盛り上がると、決まってiPhone新モデルの話題が持ち上がる。そして今年も例外ではなかった。

Bloombergは、2018年にアップルが大型画面を備える上位モデルと廉価モデルをラインナップに加えると2月26日に報じた。これによると、現在5.8インチのiPhone Xをさらに拡大した6インチ以上のモデルを取りそろえるとみられる。

大画面化が必至といえる2つの理由

有機ELディスプレーを搭載するモデルが6.5インチとなれば、前述のMWCでサムスン電子が発表したフラッグシップモデル「GALAXY S9 Plus」の6.2インチを上回る画面サイズとなる。しかも、iPhone Xと同じように縁がないボディを採用することで、現在のiPhone 8 Plus(5.5インチ)と同じようなサイズ感を実現できそうだ。

2018年モデルの大画面化については以下に述べる2つの理由から確信を持つことができる。

iPhone Xは5.8インチの有機ELディスプレーを備え、過去最大の画面サイズのiPhoneとなった。しかしiPhone Xと、それまで最大画面サイズだったiPhone 8 Plusを比較すると、iPhone Xが「大画面モデルではない」とアップルが解釈する理由がわかる。

iPhone 8 Plusなどの5.5インチディスプレーを備えるiPhoneは、縦に利用するだけでなく、横長に画面を構えるランドスケープモードに対応するユーザーインターフェースが、これまでのiOSに用意されてきた。

次ページ大画面を生かした活用が可能に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。