離婚したら年金を半分もらえるとは限らない

円満に別れるならおカネの問題は事前学習を

財産分与の大原則とは、以下です。「すぐに納得したくない」という方もいるかもしれませんが、ぜひ頭に入れてください。

婚姻後、協力を得て取得した財産は共有財産とする

ひと昔前なら、夫の収入が大半で妻は専業主婦+パートなどというケースが圧倒的でした。しかし今は共働きが当たり前で、逆転現象も多く見られます。しかも、「給与が同じくらいの共働き夫婦」という人は稀です。
財産分与を考える場合は、こうした関係を、すべて「夫婦の協力」というキーワードで見定めていきます。

不動産物件の財産分与はどうすればいいのか?

この考え方でいくと、現金は当然のことながら、二等分することになります。

厄介なのは不動産物件です。「名義が自分だから、自分のものになるのでは?」と思っている方が大半なのですが、前出の原則に従えば明快です。たとえば夫婦のどちらかの名義で購入している物件でも、名義按分が妻2:夫8の物件も、婚姻後に購入したものなら、夫婦共有財産としてみられ、半々で分けます。

確かに不動産を買ったときの事情はいろいろあると思います。たとえば夫が自営業で、購入当時は銀行ローンの申し込みが厳しかった場合などがあげられます。この場合、大手会社に勤務の妻がローンと不動産の名義人になり、「離婚するので自分のモノ」という流れになりやすいのですが、よほどのことがない限り、共有財産とみなされます。

では「押しかけ婚」のようなケースはどうでしょうか。理由はともかく、夫婦になる前、どちらかが所有して住んでいた物件で生活をともにし、結婚に至るケースも少なくありません。やはり前出の原則に従えば明快です。それが個人資産の場合は、婚姻前に取得した財産なので、基本は名義人のものとなります。

財産分与の大原則をお話ししたところで、もう一つ、誤解が多いのが年金分割です。2007年に年金分割制度がスタートした当時、熟年層の「年金離婚」が流行したのをなんとなく覚えている方も多いと思います。実は、当時から多くの方がこの制度について、大きな勘違いをしており、それは今もあまり変わっていないようです。

次ページ離婚時の年金分割の仕組みとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT