動物愛護団体、毛皮利用に反対して抗議活動

パリコレ開幕で

 2月27日、パリ・ファッションウィークが始まったフランスで、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 27日 ロイター] - パリ・ファッションウィークが始まったフランスで27日、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した。

エッフェル塔を背景に、顔の半分に骸骨メークを施した活動家らは、「動物の皮を使わない衣装を」などと書かれた墓石の形のプラカードを掲げるなどした。

活動家のイザベル・ゴエツさんは、この抗議活動によって、ファッション・ブランドや消費者に動物が犠牲になっていることを認識して、別の素材を使うよう促したいと語った。

パリ・ファッションウィークは3月6日まで開催される。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。