動物愛護団体、毛皮利用に反対して抗議活動

パリコレ開幕で

 2月27日、パリ・ファッションウィークが始まったフランスで、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 27日 ロイター] - パリ・ファッションウィークが始まったフランスで27日、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した。

エッフェル塔を背景に、顔の半分に骸骨メークを施した活動家らは、「動物の皮を使わない衣装を」などと書かれた墓石の形のプラカードを掲げるなどした。

活動家のイザベル・ゴエツさんは、この抗議活動によって、ファッション・ブランドや消費者に動物が犠牲になっていることを認識して、別の素材を使うよう促したいと語った。

パリ・ファッションウィークは3月6日まで開催される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT