動物愛護団体、毛皮利用に反対して抗議活動

パリコレ開幕で

 2月27日、パリ・ファッションウィークが始まったフランスで、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 27日 ロイター] - パリ・ファッションウィークが始まったフランスで27日、動物愛護団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」のメンバーが、ファッション業界における毛皮や皮革の使用に抗議した。

エッフェル塔を背景に、顔の半分に骸骨メークを施した活動家らは、「動物の皮を使わない衣装を」などと書かれた墓石の形のプラカードを掲げるなどした。

活動家のイザベル・ゴエツさんは、この抗議活動によって、ファッション・ブランドや消費者に動物が犠牲になっていることを認識して、別の素材を使うよう促したいと語った。

パリ・ファッションウィークは3月6日まで開催される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT