9月の米ISM非製造業総合指数は低下

雇用は5月以来の低水準

10月3日、米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4と前月の58.6から低下。写真はニューヨーク・マンハッタンの夜景とニュージャージー州・ホーボーケンの公園に掲げられた米国旗。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4で、前月の58.6から低下した。新規受注が鈍化したほか、雇用にも減速が見られた。

エコノミスト74人の予想平均である57.4を下回ったほか、予想の下限も割り込んだ。前月は2005年12月以来の高水準を記録していた。

50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

新規受注は59.6で前月の60.5から低下。

雇用は52.7と今年5月以来の低水準。前月は57.0と半年ぶりの水準に上昇していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。