9月の米ISM非製造業総合指数は低下

雇用は5月以来の低水準

10月3日、米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4と前月の58.6から低下。写真はニューヨーク・マンハッタンの夜景とニュージャージー州・ホーボーケンの公園に掲げられた米国旗。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の非製造業総合指数(NMI)は54.4で、前月の58.6から低下した。新規受注が鈍化したほか、雇用にも減速が見られた。

エコノミスト74人の予想平均である57.4を下回ったほか、予想の下限も割り込んだ。前月は2005年12月以来の高水準を記録していた。

50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

新規受注は59.6で前月の60.5から低下。

雇用は52.7と今年5月以来の低水準。前月は57.0と半年ぶりの水準に上昇していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT