アップル最新OS、特定の文字でクラッシュ

インド「テルグ語」の文字を使うと不具合

 2月15日、米アップルは、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。写真は同社のロゴ。上海で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[15日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は15日、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。

問題が起きたOSは「iOS11」、「macOSハイシエラ」、「ウォッチOS4」、「tvOS11」。テルグ語のある文字が機器に送られてきたり、この文字をテキスト編集ソフトで打ち込むと、機器がクラッシュする。

不具合は古いバージョンでは発生しておらず、現行のベータ版は問題を修正済みだという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT