アップル最新OS、特定の文字でクラッシュ

インド「テルグ語」の文字を使うと不具合

 2月15日、米アップルは、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。写真は同社のロゴ。上海で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[15日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は15日、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。

問題が起きたOSは「iOS11」、「macOSハイシエラ」、「ウォッチOS4」、「tvOS11」。テルグ語のある文字が機器に送られてきたり、この文字をテキスト編集ソフトで打ち込むと、機器がクラッシュする。

不具合は古いバージョンでは発生しておらず、現行のベータ版は問題を修正済みだという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。