アップル最新OS、特定の文字でクラッシュ

インド「テルグ語」の文字を使うと不具合

 2月15日、米アップルは、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。写真は同社のロゴ。上海で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[15日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は15日、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。

問題が起きたOSは「iOS11」、「macOSハイシエラ」、「ウォッチOS4」、「tvOS11」。テルグ語のある文字が機器に送られてきたり、この文字をテキスト編集ソフトで打ち込むと、機器がクラッシュする。

不具合は古いバージョンでは発生しておらず、現行のベータ版は問題を修正済みだという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。