アップル最新OS、特定の文字でクラッシュ

インド「テルグ語」の文字を使うと不具合

 2月15日、米アップルは、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。写真は同社のロゴ。上海で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[15日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は15日、同社の基本ソフト(OS)の一部で、インドのテルグ語の文字を使うと機器がクラッシュする不具合が見つかったと発表した。

問題が起きたOSは「iOS11」、「macOSハイシエラ」、「ウォッチOS4」、「tvOS11」。テルグ語のある文字が機器に送られてきたり、この文字をテキスト編集ソフトで打ち込むと、機器がクラッシュする。

不具合は古いバージョンでは発生しておらず、現行のベータ版は問題を修正済みだという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT