金正恩委員長そっくりさんが五輪会場に出現

北朝鮮美女応援団を驚かす

 2月14日、平昌冬季五輪のアイスホッケー試合会場で、北朝鮮の「美女応援団」の前に金正恩朝鮮労働党委員長のそっくりさんが突然現れ、応援団や観客らを驚かせた(2018年 ロイター)

[江陵市 14日 ロイター] - 平昌冬季五輪のアイスホッケー試合会場で14日、北朝鮮の「美女応援団」の前に金正恩朝鮮労働党委員長のそっくりさんが突然現れ、応援団や観客らを驚かせた。

そっくりさんは「統一旗」を手に持ち、観客に笑顔で手を振るなどしたが、応援団の何人かはすぐにそっくりさんから目をそらした。

そっくりさんは警備担当者らによって応援団から引き離され、会場からも退場させられた。

この日は、韓国と北朝鮮の代表が結成したアイスホッケー女子の南北合同チームが日本と対戦中だった。

そっくりさんは試合中は警察署内に拘留されたが、その後、その場を立ち去るよう丁寧に求められたという。

ハワードと名乗るそっくりさんは、アイスホッケー場の外をゆっくりと歩きながら「私の顔は政治的過ぎる。でもこの顔で生まれたのだから、この顔で生きていかなくてはならない」と話した。

ハワード氏は、9日の開会式でも、会場にトランプ米大統領のそっくりさんとともに姿を現し話題を呼んでいた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。