ズマ南ア大統領が辞任表明、9年の政権に幕

汚職疑惑で追い込まれる

 2月14日、南アフリカのズマ大統領(写真)は演説を行い辞任を表明した(2018年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[ヨハネスブルク 14日 ロイター] - 南アフリカのズマ大統領は14日、国民向けに演説を行い、辞任を表明した。汚職疑惑の高まりを受けて9年に及ぶ政権に終止符が打たれることになった。

ズマ氏は、12月にラマポーザ副大統領が与党アフリカ民族会議(ANC)の党首に就任して以降、自身を早期退陣に追い込む流れが強まったことに異議を唱えたうえで、ANCによる辞任勧告を受け入れると表明。

「わたしは辞任する決定に至った」と述べ、即日に大統領職を退くとした。

「ANC執行部の決定に同意はしないが、わたしはこれまで一貫して党の規律を守ってきた」と強調した。

ANCは前日、ズマ氏に辞任を勧告。14日には、野党が提出し、15日に採決が予定されていたズマ氏に対する不信任決議案について、支持する方針を示していた。

通貨ランドはこの日、対ドルで1%強上昇し、2年半ぶりの高値である1ドル=11.66ランドを付けた。

ANCのジェシー・デュアルテ副事務局長は「南アの経済、社会的課題に迅速で断固とした対応が必要となるなか、(ズマ氏の)辞任は南ア国民に確実性をもたらす」と評価した。

同党のジャクソン・ムテンブ院内幹事長は、ズマ氏による辞任表明に先立ち、ラマポーザ副大統領(65)が早ければ16日にも大統領に就任する可能性があると述べていた。ラマポーザ氏は党内融和を図ると期待されている。

南ア警察はこの日、ズマ氏を巡る汚職疑惑の中心人物とされてきたインド系富豪グプタ家邸宅の捜査に踏み切った。グプタ家はズマ氏との親しい関係を利用し、国有企業や公共事業に介入した疑いがもたれている。

国営南ア放送協会(SABC)によると、グプタ家の1人を含む複数人が拘束された。司法筋は、警察は追加で最大7人を逮捕する構えで、グプタ家のメンバーも含まれると語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。