50歳以上でも「つみたてNISA」が良い理由

普通のNISAと迷ったらどっちを選ぶのが得?

それでも筆者は、Aさんのように投資経験がない方にとっては、20年先におカネを仕送りできるつみたてNISAのほうがふさわしいと考えています。

つみたてNISAがよい「2つの理由」とは?

その理由は2つあります。まず、つみたてNISAの仕組みには、投資初心者であるAさんの疑問を解決する「回答」がある点です。

投資デビューにありがちな疑問とは、主に以下の3つです。

1)いつ投資を始めたらいいのか?

2)何に投資をしたらいいのか?

3)投資信託はいつ売ればいいのか?

まず、投資をいつ始めたらいいのか? 確かに悩ましい問題です。株価が上がっている時は、「上がり過ぎだろうから今から投資を始めても儲からないのではないか」となりますし、株価が下がっている時は「やはり投資は怖いからよそう」となってしまいます。

ここにつみたてNISAの回答があります。つみたてであれば、株価が長期下落トレンドであるなら別ですが、それ以外なら、「いつ」は関係なくなるのです。毎月定額で投資信託を買付するとその度に購入単価が変わるので「いくらで買ったのか」が気にならなくなります。投資家の意思とは関係なく、定時定額購入ですから、値上がりした時は少なく買い、値下がりした時は多く買うという正しい投資行動を意識せずに継続することができます。

また、何に投資をしたら良いかの答えは「分散」です。特につみたてNISAは枠の再利用ができません。年間の投資枠の中で投資信託を売ったり買ったりできないので、複数の投資信託を組み合わせるよりも一つの投資信託をコツコツ積み立てた方が便利なのです。そのうえで選択したいのが、世界中に丸ごと投資をするバランスファンドです。

投資をしたことがない人に限って、「日本株は東京オリンピックまでですかね」、とか、「中国の経済はもうダメなのではないか」と、ぐるぐる思考が回る傾向にあります。確かにどこに投資をするのが「一番儲かる」かは、誰にでもすぐわかるものではありません。しかし長期で見れば世界レベルでの経済成長は継続するのですから、世界中に投資をする「国際分散投資」が正解なのです。

次ページ売る時も、判断しやすい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT