女性に花を贈る?バレンタイン新風習の実態

低迷する花屋業界が打ち出した「新機軸」とは

青山フラワーマーケットの南青山本店ではフラワーバレンタインの特設コーナーが存在感を放っていた(撮影:尾形文繁)

2月14日はバレンタインデー。女性から男性にチョコレートなどを渡す日だ。百貨店やコンビニエンスストアに足を運べば、専用コーナーには数多くのチョコレートが並んでいる。そんな中、バレンタインデーに男性から女性に花を贈ろうという動きがじわじわ広がっている。

青山フラワーマーケットや第一園芸など大手の花屋チェーンを中心とする全国350社、8500店舗の花屋は2月初旬から2月14日まで、「フラワーバレンタイン」と称したイベントを一斉に展開している。

500円で買える安価な商品も

実は欧米を始めとする海外ではバレンタインデーに、愛や感謝の気持ちを込めて男性から女性へ花を贈ることが一般的。花屋業界はフラワーバレンタインを足掛かりに、男性が花を買うことを定着化させる狙いがある。

青山フラワーマーケットでは500円前後のブーケなど安価な商品もそろえる(撮影:尾形文繁)

全国約100店舗を擁する青山フラワーマーケットはフラワーバレンタインに合わせ、豊富な商品をそろえる。特徴的なのは値段の安さだ。1本の花がすっぽりと収まるギフトボックスが918円(税込み、以下同)、バラをあしらったアレンジメントが2500円と、3000円以内で買える商品を店頭に数多く並べている。個別売りもしているので、赤いバラを1本350円で買うこともできる。

青山フラワーマーケットはフラワーバレンタインの期間だけでなく、普段から500円のブーケなど安い商品をそろえている。その理由について運営会社パーク・コーポレーションの代表取締役・井上英明氏は、次のように語る。

「男性は『花屋では5000円から1万円分を買わなければいけない』と思いがちだが、そうではない。安いものでよいので、週に1回ぐらい花を買って、コミュニケーションンの一環としてプレゼントすることや自宅やオフィスに飾ることを習慣化することが大事」

次ページ男性従業員しかいない花屋とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。