大統領になりそこなった男たち 内藤陽介著

大統領になりそこなった男たち 内藤陽介著

ロバート・ケネディは「40年もすれば黒人の大統領が誕生することもありうる」と話したという。民主党候補指名をほぼ手中にした彼が暗殺されてからちょうど40年後、米大統領選は、初の黒人候補・オバマ氏とベトナム戦争の英雄・マケイン氏が争う。

郵便資料から国家を読み解く「郵便学」提唱者が、切手に顕彰される功績を上げながら大統領候補のまま終わった8人の政治家の生涯をつづる。ケネディのほか、アメリカ独立の理論的支柱・ハミルトン、奴隷制廃止論者・スワード、第2次大戦の英雄・マッカーサー--。その政治信条が時代の流れに合わなかったり、急進的すぎたりで、時宜を得られなかった敗者たちの側から描くアメリカ史。

中公新書ラクレ 798円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。