大統領になりそこなった男たち 内藤陽介著

大統領になりそこなった男たち 内藤陽介著

ロバート・ケネディは「40年もすれば黒人の大統領が誕生することもありうる」と話したという。民主党候補指名をほぼ手中にした彼が暗殺されてからちょうど40年後、米大統領選は、初の黒人候補・オバマ氏とベトナム戦争の英雄・マケイン氏が争う。

郵便資料から国家を読み解く「郵便学」提唱者が、切手に顕彰される功績を上げながら大統領候補のまま終わった8人の政治家の生涯をつづる。ケネディのほか、アメリカ独立の理論的支柱・ハミルトン、奴隷制廃止論者・スワード、第2次大戦の英雄・マッカーサー--。その政治信条が時代の流れに合わなかったり、急進的すぎたりで、時宜を得られなかった敗者たちの側から描くアメリカ史。

中公新書ラクレ 798円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。