JT、「加熱式たばこ」に経営資源を優先配分

「高温加熱タイプ」も投入へ

 2月6日、JTは、加熱式たばこ「プルーム・テック」について、2018年は2億パック(40億本)の販売を目指すとした。18年末までに5億パック(100億本)に製造能力を引き上げる。写真は都内で1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 6日 ロイター] - JT<2914.T>は6日、加熱式たばこを含むリスク低減製品(RRP)市場で、2020年までに「高温加熱タイプ」と「プルーム・テックの進化版」の2つの新製品を投入する計画を明らかにした。「プルーム・テック」の拡販に2つの新製品を加え、20年末までにRRP市場で40%のシェアを獲得することを目指す。

RRP市場、必ず勝たなければならない戦い

RRP(Reduced Risk Products)とは、喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品。寺畠正道社長は会見で「RRPを事業成長の基盤と位置付けて、より一層注力していく。国内たばこ、JTグループの持続的な成長に向けて、RRP市場での競争は必ず勝たなければならない戦い」と述べた。

こうした認識の下、「RRPをたばこ事業の成長の柱と位置付け、優先的な資源配分を実施していく」とし、18―20年の3年間でRRPに1000億円以上を投資する計画を明らかにした。JTは、2018年のRRPのたばこ市場に占めるシェアは23%程度になるとみている。

2020年末までにRRP市場で40%のシェアと目標を掲げたJTは、「高温加熱タイプ」と「プルーム・テックの進化版」という2つの新製品の投入を計画している。

加熱式たばこでは、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)<PM.N>の「アイコス」が先行している。アイコスは「高温加熱タイプ」。後発ながら、高温加熱に参入することについて、寺畠社長は「多様なニーズを満たしていく。18年末から19年頭にかけて、プルーム・テックの伸びや市場動向をみながら、新製品投入を実行したい」と述べた。このほか、プルーム・テックの進化版を開発していることも明らかにした。

次ページ全国販売は9月に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT