JT、「加熱式たばこ」に経営資源を優先配分

「高温加熱タイプ」も投入へ

「プルーム・テック」は、2月5日に横浜市や大阪市など6都市へ、4月中には神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・福岡県全域などに拡販する予定。ただ、上期中としていた全国販売については、供給に万全を期すため、9月に後ずれさせる。

「プルーム・テック」の製造能力は、18年末までに5億パック(100億本)に引き上げ、2018年は2億パック(40億本)の販売を目指すとした。デバイスについては、17年末に累計100万台を突破したという。

紙巻きたばこ市場は縮小加速

加熱式たばこの急速な拡大もあり、紙巻たばこの販売数量減が続いている。JTの国内紙巻きたばこの販売数量は、2017年に929億本(前年比12.5%減)と、民営化以降初めて1000億本を割り込んだ。18年も同16%後半の大幅な減少を見込んでいる。

2018年12月期の連結営業利益(国際会計基準)は前年と同水準の5610億円になるとの見通しを発表した。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト18人の営業利益予測の平均値は6074億円となっている。

国内たばこにおいては、プルーム・テックの拡販効果が紙巻きの販売減少影響を一部カバーする。海外たばこ事業は、買収効果や新興市場での伸長により販売数量増を見込んでいる。

連結売上収益は同3.8%増の2兆2200億円の見通し。RRPが自社たばこ売上収益に占める割合は10%台半ばを見込んでいる。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。