日本は今こそ「核問題」を真剣に議論すべきだ

石破茂×丹羽宇一郎対談<前編>

丹羽宇一郎(以下、丹羽):本日はお忙しい中をありがとうございます。今日お伺いしたのは日本の防衛と核という大きな問題で、国会議員の中でも特にその方面に詳しい石破さんに、お話をお聞きしたいとやって来ました。

石破茂(以下、石破):わざわざお越しいただき、かえって申し訳ございません。

54年前の中国といまの北朝鮮の状況は同じ

丹羽:いま日本は北朝鮮の核の脅威にさらされています。まず北朝鮮の核問題からお聞きしたいと思います。

石破:私が小学校2年生のとき、1964年、昭和39年10月16日、東京オリンピックが始まって7日目に中国が初の核実験をやるわけです。

丹羽:54年前のことですね。

石破:当時は、中国のことを中共なんて言っていました。だから新聞の見出しは、「中共ついに核実験」。

丹羽:中共というのは中国共産党ですね。そのとき世界は反対の声を上げましたか。

石破:反対の声で、すぐ国連安保理です。日本でも新聞各紙が一面トップで非難しています。世界首脳会議を開けとか。当時の新聞を読み返してみると、今の北朝鮮とほとんど変わらないねという感じがします。

丹羽:この頃はイギリスもフランスも核を持っていたわけですか。

石破 茂(いしば しげる)/1957年2月4日生まれ。自民党衆議院議員(鳥取1区)。慶応義塾大学卒業後、1979年三井銀行入行。1986年、鳥取県知事だった父の死後から約5年後、28歳で衆議院議員初当選(当時最年少)。1993年自民党を離党するなどして新進党結党に参加、その後自民党に復党。2002年防衛庁長官(第1次小泉内閣第1次改造内閣)として初入閣。以来、防衛大臣、農林水産大臣、党政調会長、幹事長、地方創生担当大臣を歴任(撮影:梅谷秀司)

石破:持っていました。

丹羽:イギリスや、フランスが持つときは、アメリカもソ連も反対しなかった?

石破:世界が非難したという話はあまり記憶にありません。

丹羽:そうすると当時の中共としては、イギリス、フランスは持っているのに、われわれがやると、なぜ非難するんだ?となりますね。

石破:はい。

丹羽:じゃあ、当時の中共を北朝鮮に置き代えれば、今とまったく状況は同じですね。北朝鮮にしてみると、彼らもやっているのに、なぜ俺がやっちゃいけないんだということになりますよね。

石破:そうなんです。北朝鮮がなぜ核を持っていけないのだ、ということをきちんと説明できる人がいないんです。ダメなものはダメだと言うだけで。その素朴な問いに答えられないところがあると思うんです。

丹羽:かつて世界中から非難された中国が、いまは北朝鮮の核実験を非難しているんですから。

次ページ日本も「核を持つ」と宣言したことがあった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT