日本は今こそ「核問題」を真剣に議論すべきだ

石破茂×丹羽宇一郎対談<前編>

「使えない兵器」としての核の意味とは?(撮影:梅谷秀司)
緊迫する東アジア情勢の中で、日本は「核問題」をどうとらえればいいのか。『戦争の大問題』を上梓した元・中国大使の丹羽宇一郎氏が、衆議院議員・石破茂氏との対談に臨んだ。

いまそこにある核の危機から目をそらしている現実

北朝鮮の核実験とICBM(大陸間弾道弾)の発射実験によって、東アジア情勢は緊迫している。とりわけ米朝は武力行使も辞さない構えを示し、両国は極めて危険な領域に入り込もうとしている。戦争になれば、国内に米軍基地のある日本も核の標的となることは避けられない。

日本だけではない。いずれかが核を使えば、攻撃された側も核による報復を行う。核戦争が起きれば、その日が人類最後の日だ。

こうした状況の中で、元防衛大臣で、自民党の幹事長も務めた衆議院議員の石破茂さんが「核シェア」について踏み込んだ発言をしている。非核三原則は、核を持たず、作らず、持ち込ませずだが、石破さんは現実の非核三原則にはこの3つに加え「議論せず」があるという。厳然として存在している、いまそこにある核の危機から目をそらし、議論せずということはあってはならない。

私も石破さんと同じく、日本人は腰を据えて核問題を正面から議論すべきと考えている。そう言う以上は、隗より始めよである。私は石破さんに対談を申し込んだ。石破さんは快諾してくれた。

石破さんと私では考え方に違いがあると思う。私の持論は、日本は専守防衛に徹するべきで、他国を攻撃する力を持つべきではない。核兵器は速やかに地上から全廃すべきであるというものだ。私は、核は「使えない兵器」だし、もはや「抑止力」にもなりえないと考えている。

しかし、核の脅威は厳然として存在する。世界の核保有国は、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエル、イランそれに北朝鮮の10カ国だといわれている。日本の周辺には、中国、ロシア、そして北朝鮮と3つの核保有国があるわけだ。

石破さんは、現在、防衛問題に最も造詣の深い政治家である。石破さんと対談することで、私の核全廃論も一段と磨かれレベルアップすることを期待して、石破事務所を訪ねた。

次ページ次ページより石破茂氏と筆者との対談
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100

AI、宇宙、ロボット…100億円級の資金を調達するベンチャー企業が続々。大企業も投資に熱狂。次のメルカリはどこか、注目ベンチャー100社を紹介。ビジネスヒントはここにある!