全豪2連覇の36歳フェデラー、来年出場に意欲

報道陣に対して「来年も戻って来たい」

 1月29日、テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンの男子シングルスを制したロジャー・フェデラーは、3連覇を目指して来年も同大会に出場したいと述べた(2018年 ロイター/Issei Kato)

[メルボルン 29日 ロイター] - テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンの男子シングルスを制したロジャー・フェデラー(36、スイス)は、3連覇を目指して来年も同大会に出場したいと述べた。

フェデラーは29日、報道陣に対して「来年も戻って来たい」とコメント。28日の決勝後、来年の出場について言及するのを忘れていたと弁解した。

グランドスラム通算優勝回数を20に伸ばし、全豪では昨年からの連覇と大会史上最多タイとなる通算6回目の優勝を果たしたフェデラー。「ことしの結果は本当に特別で、キャリアのなかでも偉大な瞬間のひとつ」と表現。実感が湧くまでに時間がかかりそうだと述べた。

また、フェデラーは昨年クレーコートの大会を全休して芝コートのシーズンから実戦に戻り、ウィンブルドン選手権を制するなどスケジュール管理を徹底した。ことしも同様の考えで、スイスの自宅でしばらく家族と時間を過ごしてから今後の出場大会を決めたいと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。