全豪2連覇の36歳フェデラー、来年出場に意欲

報道陣に対して「来年も戻って来たい」

 1月29日、テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンの男子シングルスを制したロジャー・フェデラーは、3連覇を目指して来年も同大会に出場したいと述べた(2018年 ロイター/Issei Kato)

[メルボルン 29日 ロイター] - テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンの男子シングルスを制したロジャー・フェデラー(36、スイス)は、3連覇を目指して来年も同大会に出場したいと述べた。

フェデラーは29日、報道陣に対して「来年も戻って来たい」とコメント。28日の決勝後、来年の出場について言及するのを忘れていたと弁解した。

グランドスラム通算優勝回数を20に伸ばし、全豪では昨年からの連覇と大会史上最多タイとなる通算6回目の優勝を果たしたフェデラー。「ことしの結果は本当に特別で、キャリアのなかでも偉大な瞬間のひとつ」と表現。実感が湧くまでに時間がかかりそうだと述べた。

また、フェデラーは昨年クレーコートの大会を全休して芝コートのシーズンから実戦に戻り、ウィンブルドン選手権を制するなどスケジュール管理を徹底した。ことしも同様の考えで、スイスの自宅でしばらく家族と時間を過ごしてから今後の出場大会を決めたいと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。