史上最大級「巨大ロケット」がついに宇宙へ

スペースXが開発、その名もファルコンヘビー

「ファルコン9とファルコンヘビーの共通点のおかげで、諸経費を2つのロケットに分散させることができる」とマスクは2011年に語っている。「同じ機械を使って、同じラインで製造することができるため、コストを維持できる可能性がかなり高まるだろう」

スペースXはファルコンヘビーの打ち上げにかかる費用を9000万ドル(約100億円)としている。

小型化のトレンドから逆行

その設計はまた、ロケット開発のコスト削減にも貢献している。

「米国が納税者に全く負担を課すことなく獲得した、事実上初となる超重量打ち上げ機と言える」と、コロラド大学工学部の副部長で、かつてスペースXに勤務していたウィル・ラーソンは指摘する。

今回の打ち上げが成功すれば、さらに4機のファルコンヘビーを打ち上げる計画があるという(写真:SpaceX via The New York Times)

ファルコンヘビーのすべての部品がフロリダに到着したのは昨年のことで、スペースXはそれ以来、巨大なロケットに合わせて発射台を調整してきた。まもなく発射台にロケットを設置し、一度に27個のエンジンすべてに点火する重要な試験を行う予定だ。

実際の打ち上げが成功すれば、スペースXは米空軍に委託されたものも含め、ファルコンヘビーをさらに4機打ち上げる計画だ。

ファルコンヘビーほど大型のロケットにそれほどビジネスの機会があるのか、疑問視する声もある。

「どうしてこれをするのかと、いつも困惑してきた」と言うのは2002年のスペースXの創業チームに加わったものの、ほどなくして退社したジム・カントレルだ。彼は現在、スペースXのロケットよりも小型のロケットを製造しているベクタースペースシステムズのCEOを務める。

次ページマスクが大型ロケットにこだわるワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。