日本でベトナム・ネパール人が急増した事情

存在感増す外国人だが偽装留学生問題なども

いつの間にか隣人は外国人に(デザイン:池田 梢)

人口の減る日本社会。人手不足を埋める働き手として、外国人が着実に増えている。彼らはどこから来て、どこに住み、何をしているのか――。

『週刊東洋経済』は1月29日発売号(2月3日号)の特集「隠れ移民大国ニッポン」で、日本に住み、働く外国人の姿を追った。その中で、日本にいる外国人の様相は2010年代に入りそれ以前とは大きく異なることが見えてきた。在日外国人の中で中国人が最も多いのは変わりないのだが、ベトナム、ネパールなど東南アジアや南アジアの出身者が急増しているのだ。

17人中3人が外国人バイトのコンビニ店

『週刊東洋経済』1月29日発売号(2月3日号)の特集は「隠れ移民大国ニッポン」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

都内のセブン-イレブンでアルバイトに励む、マンさんもその一人。ベトナム出身の20代女性だ。高校卒業後、2014年4月に留学のため来日。現在は日本語学校を卒業しファッション関連の専門学校に通う。日本に興味を持ったきっかけを尋ねると、「テレビドラマでみたニッポンの女の子、カワイイーと思ったから」とはにかむ。

生活費は、親からの仕送りと授業のない土日に集中して入るバイトで賄う。接客を通じて日本語を練習できるうえ、日本語学校の近くに店舗があったことが、このコンビニで働く決め手となった。

住まいは同じくベトナムから来日し日本語学校に通うアンさんとシェアする。「勉強は大変?」とマンさんに聞くと、「宿題しないと先生がチョー怒る」とアンさんと顔を見合わせて笑った。

次ページ募集しても日本人が来ない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。