MRJで初のキャンセル確定、三菱重工に痛手

「米イースタン航空」の40機、正式に合意

 1月26日、三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の受注で、初めてキャンセルが出たことが分かった。三菱航空機が明らかにした。キャンセルが確定したのは、米イースタン航空が発注した、購入権を含む計40機分。写真はシンガポールで2016年2月撮影(2018年 ロイター/Edgar Su)

[東京 26日 ロイター] - 三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の受注で、初めてキャンセルが出たことが分かった。三菱航空機が明らかにした。キャンセルが確定したのは、米イースタン航空が発注した、購入権を含む計40機分。

イースタン航空が米スウィフト航空に買収され、イースタン航空のMRJ購入計画が引き継ぎ対象にならなかったため。三菱航空機はキャンセルの理由について「納期遅延や性能によるものではない」としている。

三菱航空機はこれまでもキャンセルの可能性があることは示唆していたが、正式に合意に至ったという。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。