MRJで初のキャンセル確定、三菱重工に痛手

「米イースタン航空」の40機、正式に合意

 1月26日、三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の受注で、初めてキャンセルが出たことが分かった。三菱航空機が明らかにした。キャンセルが確定したのは、米イースタン航空が発注した、購入権を含む計40機分。写真はシンガポールで2016年2月撮影(2018年 ロイター/Edgar Su)

[東京 26日 ロイター] - 三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の受注で、初めてキャンセルが出たことが分かった。三菱航空機が明らかにした。キャンセルが確定したのは、米イースタン航空が発注した、購入権を含む計40機分。

イースタン航空が米スウィフト航空に買収され、イースタン航空のMRJ購入計画が引き継ぎ対象にならなかったため。三菱航空機はキャンセルの理由について「納期遅延や性能によるものではない」としている。

三菱航空機はこれまでもキャンセルの可能性があることは示唆していたが、正式に合意に至ったという。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。