「上司のお供出張」に疲弊する30代女性の叫び

心の中に渦巻く「なぜ私が?」の疑問

それから、サポート業務の出張がつらいと感じることについてですが、それについても、同じようなことが言える気がします。同行の指示が来たら、出張の狙いや自分の役割、その必要性などをきちんと確認してみるのです。「お供」だけが主目的なら、現状で抱えている業務などを理由に、やんわり断ることもできるでしょう。単なる「お供出張」には行きたくないと思っていることもわかってもらえるかもしれません。

私も、私が主業務の出張に、メンバーを同行させることがありましたが、サポート業務が目的ではありませんでした。現地のキーマンと面識を持つことだったり、コミュニケーションの仕方を学んでもらうことだったり、その後の仕事への接続が想定されればこそ、同行させたのです。

ただ、事前に、同行目的と得てもらいたいことをしっかり話すように心掛けてはいました。それは、私自身が、「どうして私がやるのか」をきちんと理解したほうが、「まぁやってみればわかるよ」などと言われるより、ずっとモチベーション高く仕事に向かえるタイプで、部下も同じタイプが多かったからです。

同様に、上司は、「なぜ、あなたを同行者に選んだか」を、きちんと伝える義務がある、と私は思います。そして、あなたも改めて上司にそれを問うてみても良いのではないかと思うのです。私は、きっとあなただからこそ同行させたいという理由がちゃんとあるような気がしますよ。「なぜ私がやるべきのか」「その業務の意味・意義は何か」が確認できれば、出張に付随する、もろもろの不満も我慢できたりあるいは楽しみに変えられたりするかもしれないし、「それでも、私は長時間拘束の出張はなるだけ避ける働き方をしたい」となるかもしれません。

「苦痛です」と言うだけでは、損をする

出張も業務ですから、「苦痛です」という理由だけで断るのは難しいでしょう。上司との相互理解、目的や意義確認の努力をしても、やっぱり納得できなければ、何か理由をひねり出してみるのは? 思い込みが激しいだけの上司なら、「体調がいま一つ」とか「家庭の事情で」とかの理由でも、勝手に深読みして「それは悪かったな」となるかもしれないですよ?

そして、今後のあなたのために。もし、できるなら、たとえば、「いいなぁ」と発言する同僚の真意、家族がいて出張の依頼がない同僚の気持ち、あなたばかりを同行させようとする上司の思いなど、想像力を働かせて、あなた自身も自分と異なる価値観への理解を心掛けるようにしてみてください。今のあなたの口ぶりで、「苦痛なので行きたくない。全部自分が損してる!」と主張すると、本当に損してしまう気がしますから。

上司と部下に限らず、「相互理解」がさらに重要な時代になってきたなと感じます。あなた自身を理解してもらう努力、自分以外の誰かを理解する努力、双方必要なのだと思います。あなたの苦痛も、その努力で、少しは和らぎますように。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT