これが「9000年前のギリシャ女性の顔」だ

1993年に発見された骨から復元

 1月23日、紀元前7000年ごろ(中石器時代)にギリシャにいた10代の女性の顔を科学者らが復元した。女性は「暁(あかつき)」と名付けられ、骨と歯の分析から15─18歳とみられている。写真は19日撮影(2018年 ロイター/Costas Baltas)

[アテネ 23日 ロイター] - 紀元前7000年ごろ(中石器時代)にギリシャにいた10代の女性の顔を科学者らが復元した。女性は「暁(あかつき)」と名付けられ、骨と歯の分析から15─18歳とみられている。

当時は動物の皮を噛んで柔らかい皮革を作っており、女性もこの作業によると思われる顎の突き出しが見られ、無愛想な表情となっている。

シリコン材で復元を行った歯科矯正学者のマノリス・パパグリコラキス教授は、女性がなぜ怒ったような顔なのかとの質問に、「こんな時代に怒るなというほうが無理だ」と冗談を飛ばした。

研究者らは、女性が貧血気味で壊血病を患っていた可能性があるとみている。また股関節に問題があることを示す根拠もあり、歩行困難が死につながった可能性もあるとみられている。

女性は1993年にギリシャの洞窟で発見され、文明の黎明期とされる時代に生きたことからギリシャ語で「暁」を意味する「Avgi」と名付けられた。

現在は、アテネのアクロポリス博物館に展示されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。