これが「9000年前のギリシャ女性の顔」だ

1993年に発見された骨から復元

 1月23日、紀元前7000年ごろ(中石器時代)にギリシャにいた10代の女性の顔を科学者らが復元した。女性は「暁(あかつき)」と名付けられ、骨と歯の分析から15─18歳とみられている。写真は19日撮影(2018年 ロイター/Costas Baltas)

[アテネ 23日 ロイター] - 紀元前7000年ごろ(中石器時代)にギリシャにいた10代の女性の顔を科学者らが復元した。女性は「暁(あかつき)」と名付けられ、骨と歯の分析から15─18歳とみられている。

当時は動物の皮を噛んで柔らかい皮革を作っており、女性もこの作業によると思われる顎の突き出しが見られ、無愛想な表情となっている。

シリコン材で復元を行った歯科矯正学者のマノリス・パパグリコラキス教授は、女性がなぜ怒ったような顔なのかとの質問に、「こんな時代に怒るなというほうが無理だ」と冗談を飛ばした。

研究者らは、女性が貧血気味で壊血病を患っていた可能性があるとみている。また股関節に問題があることを示す根拠もあり、歩行困難が死につながった可能性もあるとみられている。

女性は1993年にギリシャの洞窟で発見され、文明の黎明期とされる時代に生きたことからギリシャ語で「暁」を意味する「Avgi」と名付けられた。

現在は、アテネのアクロポリス博物館に展示されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT