節目は12月?米金融緩和縮小のタイミング

市場関係者が肩透かしを食らった9月の「現状維持」

世界中の金融関係者がかたずをのんで見守った9月18日のFOMC(米国連邦準備制度理事会)は、結局、現状の金融緩和維持。大方の市場関係者が予想した資産買い入れの縮小は見送りとなった。

「これはサプライズだ。あなたは今日、サプライズを狙ったのか」

FOMC後の会見では記者からこんな質問も出た。そう言われるのも無理はなかった。5月にバーナンキ議長が緩和縮小を示唆し、6月に「経済状況がFOMCの見通し通りならば」という前提で、「今年後半から資産買い入れのペースを減速し、来年半ばにも終了するだろう」と述べていたからだ。バーナンキ議長自身が縮小の可能性をにおわしてきただけに、「投資家は緩和縮小を予想していた。FED(米国連邦準備制度)は投資家を混乱させているのではないか」という記者もいた。

次ページなぜ見送った?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT