節目は12月?米金融緩和縮小のタイミング

市場関係者が肩透かしを食らった9月の「現状維持」

世界中の金融関係者がかたずをのんで見守った9月18日のFOMC(米国連邦準備制度理事会)は、結局、現状の金融緩和維持。大方の市場関係者が予想した資産買い入れの縮小は見送りとなった。

「これはサプライズだ。あなたは今日、サプライズを狙ったのか」

FOMC後の会見では記者からこんな質問も出た。そう言われるのも無理はなかった。5月にバーナンキ議長が緩和縮小を示唆し、6月に「経済状況がFOMCの見通し通りならば」という前提で、「今年後半から資産買い入れのペースを減速し、来年半ばにも終了するだろう」と述べていたからだ。バーナンキ議長自身が縮小の可能性をにおわしてきただけに、「投資家は緩和縮小を予想していた。FED(米国連邦準備制度)は投資家を混乱させているのではないか」という記者もいた。

次ページなぜ見送った?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT