「母と2人きり」47歳女性が婚活する深刻事情

恋愛をしても母がいつも邪魔をしてきた

その後、就職。28歳のときに、2度目の恋をする。同じ課で4つ年上の石橋崇宏(32歳、仮名)だ。何度かご飯に誘われているうちに、「付き合ってもらえせんか?」と交際を申し込まれた。

「学生のときって、いろんなことを議論するじゃないですか。読んだ本とか、見た映画とか、生き方とか、考え方とか。社会に出るとそうした議論もだんだんしなくなるのだけれど、彼は議論好きで、学生時代に好きだった人に性格が似ていたんですね」

結婚をしたいとも思った相手だったが…

石橋とは、初めてキスをした。それからは、ますます彼に気持ちが入っていった。結婚をしたいとも思った。

「もちろん彼が好きだったからですけど、結婚したら大手を振って、家から出ていけるとも思ったんです。勇気を出して母親を断ち切るのは、今かもしれないって」

ところが、この恋は思わぬ形で終焉を迎える。

「彼と付き合うようになって半年くらいした頃に、他の課から女性の先輩が異動してきたんです。その先輩は、私と彼の仲を察したのか、『2人は付き合っているの?』と聞いてきたんです。『付き合っているというか、まあ、その……』と言葉をにごしていたんですけど、それから1カ月くらいしたら、彼の態度がだんだんそっけなくなっていって」

するとあるとき、彼から言われた。

「ごめん。〇〇さんと付き合うことになったから、別れてほしい」

気持ちが離れていっているのを薄々感じてはいたものの、それが先輩女性への乗り換えだと知り傷ついた。しかし、これも現実として受け止めるしかない。

一瞬体が固まった。心がえぐられた。でも、ここで泣いたら自分がみじめになると、必死で涙をこらえた。

「わざわざ呼び出されて、別れを告げられて。もう本当にこの世から消えてなくなりたかった」

しかし、このとき救いだったのが、この出来事の直後に働くフロアが異動になったことだ。

「課が変わったので、彼や先輩女性と顔を合わせることもなくなったし、ものすごく忙しい部署で、残業の日々。まるで強制労働者のようにひたすら働いていたので、ほかのことを考えなくても済んだ。失恋の傷も忙しさの中に紛れていきました」

次ページ3回目の恋は40手前…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT