ソニーの課題は「車載でも成果を出せるか」だ

CESで平井一夫社長が明らかにしたこと

米国ラスベガスで開催中の「CES」で発表するソニーの平井一夫社長(筆者撮影)

ソニーは、米国ラスベガスで1月9~12日開催の「CES 2018」においてもテレビ事業向けに「X1 Ultimate」と呼ばれる8K放送にも対応可能な映像処理エンジンを発表するなど積極的な姿勢を見せた。しかし、多くの発表があった中でも、特に注目されたのが自動車向け事業だ。

2014年に参入を発表していた自動車向けセンサーデバイス事業についても、トヨタ、日産、現代自動車(HYUNDAI)、起亜(KIA)自動車といった自動車メーカーに加え、ボッシュ、デンソー、Mobileye、NVIDIAといった自動車向け電装部品大手との協業について言及。足元の事業が好調というだけではなく、将来に向けた投資が実を結びつつあることをアピールした。

手応えのある年末商戦だった

ソニーの2018年3月期の営業利益は6300億円へと急回復する見通し。この予想どおりに落ち着けば前期比で2倍以上、3400億円の増益である。

CESでの発表を終えた社長兼CEOの平井一夫氏は増益要因について、累計で7300万台を販売したPlayStation4の貢献、PlayStation Networkの成長を主因としながらも、テレビ、オーディオ、デジタルイメージング製品などエレクトロニクス部門がソニーの事業全体を支えたと説明した。また、「第3四半期決算の発表を控えているため、具体的な言及は避けたいが、かなり手応えのある年末商戦を戦えた」とも話した。

しかし、平井氏は次のようにも語る。

「3400億円の増益要因の多くは2016年の熊本地震など特別な要因で失っていた売り上げや利益を取り戻したもので、実質的な増益分は1300億円。しかも、その半分は為替によって生まれたもので、実質的には650億円程度上振れしたにすぎない。まだまだ実力は不足の面もある」

次ページ社内で「引き締め」
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。