暴露本余波、バノン氏が右派サイト会長辞任

トランプ大統領との関係が悪化

 1月9日、トランプ政権の暴露本をきっかけにトランプ大統領との関係が悪化したバノン前大統領首席戦略官・上級顧問(写真)は、右派メディア、ブライトバート・ニュースの会長を辞任した。メリーランド州ナショナルハーバーで昨年2月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ政権の暴露本をきっかけにトランプ大統領との関係が悪化したバノン前大統領首席戦略官・上級顧問は、右派メディア、ブライトバート・ニュースの会長を辞任した。同サイトが9日に明らかにした。

バノン氏は暴露本「炎と怒り」の中で、トランプ氏の長男ジュニア氏が2016年の米大統領選中にロシア人弁護士と接触したことを「反逆的」、「非愛国的」と批判する発言が引用されていた。

暴露本が出るまでは良好な関係を維持していたが…

これを受けてトランプ氏はバノン氏が「正気を失った」と非難。トランプ氏は政権内の派閥争いを解消するため、昨年8月にバノン氏を更迭したが、暴露本が出るまでは良好な関係を維持していた。

バノン氏はその後の声明で「反逆的」とのコメントはジュニア氏に対するものではないと弁明したが、著者のマイケル・ウォルフ氏は反論している。

バノン氏は2012年にブライトバートに入社し、同サイトの知名度向上に貢献した。共和党の主流派に対抗し、「米国第一主義」を推進する政治運動を展開することを目指してきた同氏だが、会長辞任によって影響力が弱まる可能性がある。

同氏は同サイトに掲載された声明で「このような短期間で世界に通用するニュース基盤を構築したことを誇りに思う」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT