LGBTをよくわかっていない人も学べる超基本

「周りに居て当たり前」動画配信で届ける情報

:親や先生が具体的にできることはありますか?

当たり前に教室にいる

村木:LGBT当事者の割合というのは約8%いると言われています(※2)。カミングアウトされてから考えようと思わず、「当たり前に教室にいる」という前提で考えてほしい。ほとんどの当事者は大人に言いません。わかってもらえないような気がするから言わないんですよね。なので、カミングアウトされなくても「当たり前にいる」と思ってください。たとえば、「〇〇君」「〇〇ちゃん」「男の子」「女の子」ではなくて、「〇〇さん」に統一するなど気遣いをしていただきたいなと思います。また、相談できるよというのも明示してください。

:「当たり前にいるんだ」という意識、大切ですね。メディアが取り上げるべき問題、ほかにはありますか?

村木:あとは、「LGBT」といってもいろいろな方がいて、特にしんどいのは重複する方。「精神疾患かつLGBT」とか、「発達障害かつLGBT」とか、「耳が聞こえないかつLGBT」とか。そういう人はまだあまりメディアに出てきていないですよね。LGBT当事者だけの問題では解決しない。障害の問題や発達障害の問題などに取り組んでいる人たちに気づいて支えてもらわないといけないんですよね。ですから、LGBT団体だけではリソースとしてもはや足りないので、ほかの社会課題に当たっている行政の人やNPO法人の人たちと手をつないでやっていく必要があると思います。フジテレビのバラエティ番組が問題になったときには、まさにいろいろな団体が手を挙げて「おかしい」と訴えてくれました。あの動きは本当にありがたかったですよね。

:最後に、視聴者の皆さんに一言。

村木:まずは、YouTubeのチャンネル「虹ステーション」を登録をして、動画を見てくださいということです。無料で公開するというのはそれなりの思いを持ってやっていますので、ぜひ役立ててもらえたらと思っています。

(※1)2017年12月22日時点で、東京都世田谷区で56組、渋谷区で24組、三重県伊賀市で4組、兵庫県宝塚市ではまだこれから、沖縄県那覇市では18組、北海道札幌市では32組、合わせて134組のパートナー登録がされた。

(※2) LGBT層に該当する人は7.6%「電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2015」を実施」株式会社電通ホームページ

「特例認定NPO法人虹色ダイバーシティ」については「GARDEN」当該記事
GARDEN Journalismの関連記事
フォトジャーナリスト高橋智史が告発するカンボジアの独裁
【子ども支援】貧困や虐待に苦しむ子どもたちを”日常的な関わりの中で”支える人材を育成したい
堀潤×国境なき子どもたち対談 シリア難民キャンプでいま必要な支援とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT